日本を支える漁業、頑張れ!漁獲量ランキングと水揚げ量の多い名物魚種|けんみんでは都道府県や地域に特化したランキングを紹介します。

けんみん

 

 

2016年06月06日更新

日本を支える漁業、頑張れ!漁獲量ランキングと水揚げ量の多い名物魚種

鈴木ユカリ  さん - 今から雪のシーズンに怯えています・・・。

いまや健康食で世界的に有名になった和食。その和食や日本の食卓に欠かすことのできないもののひとつに魚料理があります。旅行でその土地を訪れても、地魚料理はいただきたいものですよね。漁獲量が多いと、新鮮のままいただける魚料理店が必ずあり、その郷土の土産物品になることはもちろん、魚に関するイベントもあるようです。

やはり強い北の国!国内漁獲量ベスト6

北海道

北海道

  11,090(単位:100t)

長崎県

長崎県

  2,409

茨城県

茨城県

  2,234

静岡県

静岡県

  1,969

三重県

三重県

  1,820

宮城県

宮城県

  1,675

  出典:農林水産省 大海区都道府県振興局別魚種別漁獲量(平成26年概数値)

出典:www.flickr.com

日本の食卓に欠かせない魚

1位 北海道

 

出典:www.flickr.com

身がプリッとしていて油がのったホッケは道民のソウルフード!?

【漁獲量が多い魚】※数値の単位はいずれも100t
ほっけ(ほぼ北海道)、たら(2007)、ひらめ・かれい(223)、さんま(1086)、にしん(46)、さけ、ます類(1228)、たこ(187)、いか(601)、うに(45)、こんぶ(648)、えび(28)、かに(63)、あさり(10)(あさりは全国4位の漁獲量)

【県の魚】制定なし

【主な漁港】
苫前漁港、古平漁港、函館漁港

圧倒的な漁獲量で全国1位になった北海道。野菜だけでなく、魚介も有名なものばかりですね。さけ、ます類は、岩手、宮城、青森、富山、新潟などで獲られていますが、漁獲量は圧倒的に北海道が多いようです。他にも、さんま、にしん、たらも北海道産が目立ちます。ちなみに、北海道で魚のフライといえば"ほっけのフライ"を指すようです。四季を問わず道内で獲れて安い、癖がなく食べやすい魚。北海道以外であまり漁獲量がなく、鮮度も落ちやすい為に北海道限定の味覚になっているようです。

2位 長崎県

 

出典:pref.nagasaki.jp

魚体が黄金に輝き、限られたサイズのものが「ごんあじ」になることを許される

【漁獲量が多い魚】※数値の単位はいずれも100t
あじ(479)、ぶり(125)(全国3位の漁獲量)、たちうお(全国3位の漁獲量)、たい(35)、たこ(11)(全国5位の漁獲量)、いか160(全国3位の漁獲量)、うに(4)(全国4位の漁獲量)

【県の魚】制定なし

【主な漁港】
長崎漁港、館浦漁港、芦辺漁港

長崎県の魚水産物振興のシンボルとして制定されている"あじ"。長崎県のあじは、全国的にも有名なブランドあじになっていることをご存知でしょうか。5~6月、10~11月が旬で、身が霜降り状態の「ごんあじ」、低脂肪でヘルシー、4~8月が旬の「旬(とき)あじ」、一本釣りで水揚げされる、4~6月、10~12月が旬の「野母んあじ」があり、魚種はいずれもマアジ。水揚げされた場所や、魚の状態により呼ばれる名前が変わってくるようです。水揚げされたストレスや絞め具合によって、すぐ身の味や食感が変わってきてしまうあじ。ぜひ、長崎県に行って新鮮なものを味わってみては?

3位 茨城県

 

出典:www.flickr.com

常磐沖の冬の味覚といえばアンコウ

【漁獲量が多い魚】※数値の単位はいずれも100t
ひらめ(670)(全国2位の漁獲量)、さば、おきあみ(99)、いか(6)(全国6位の漁獲量)

【県の魚】ひらめ

【主な漁港】
平潟漁港、大津漁港、久慈漁港

県の魚としてひらめが制定されています。が。やはり、茨城県で有名な魚といえば、あんこうを置いて右に出るものはいない!・・・と、個人的には思っています。深海魚ということもあり、グロテスクで気持ち悪いと敬遠されがちな見た目です・・・。しかし、茨城県から福島県の浜通り地方沿いにある常磐沖の冬の味覚になっていて、その身は淡白で食べやすく、冬になると地元の小さなスーパーでも販売されます。から揚げや酢味噌につけて食べる方法もありますが、やはりおすすめは「どぶ汁」!名前はアレですが、濃厚なあん肝を味噌で溶いた汁にあんこうの七つ道具(あんこうは骨以外捨てるところがなく、ムダのない魚とも呼ばれています。)である部分が入っている鍋の名称です。主に北茨城方面では、ホテルや料理店なのでいただくことができます。冬になると、様々なところで"マグロ解体ショー"ならぬ、"あんこうつるし切り"のイベントが行われ、大勢の人で賑わいを見せます。

4位 静岡県

 

出典:www.flickr.com

まぐろ料理店もいっぱいあるようです

【漁獲量が多い魚】※数値の単位はいずれも100t
まぐろ(282)、かつお(836)、えび(13)(全国3位の漁獲量)

【県の魚】制定なし

【主な漁港】
焼津漁港、網代漁港、用宗漁港

まぐろ、かつお、共に全国1位の漁獲量を誇る静岡県。どちらも、日本人の食文化とは切っても切れない魚ですね。静岡県では観光客向けに「清水港まぐろきっぷ」というお得なチケットが発行されています。水上バスや路線バスなどの交通手段、新鮮なまぐろをいただけるお店を中心とした食事券、観光地施設利用券などがついてきます!観光する前には必ずチェックして、手に入れたいですね。

5位 三重県

 

出典:ristorantevincenzo.biz

県の魚に指定されている伊勢えび

【漁獲量が多い魚】※数値の単位はいずれも100t
いわし(697)、あさり(5)(全国5位の漁獲量)

【県の魚】伊勢えび

【主な漁港】
安乗漁港、波切漁港、錦漁港

県の魚を伊勢えびに制定している三重県。太平洋岸で一番漁獲量が多いとされ、三重ブランドにもなっています。ぷりっぷりの新鮮な伊勢えび、ぜひ現地でいただいてみたいものです。さらに、三重県といえば阿古屋貝の真珠。阿古屋貝の真円真珠養殖が盛んなことでも有名です。

6位 宮城県

 

出典:www.flickr.com

フカヒレ料理はもちろん、フカヒレ加工品のお土産物も多くある

【漁獲量が多い魚】※数値の単位はいずれも100t
かじき(28)、さめ(158)、ぶり(44)(全国8位の漁獲量)、いか(32)(全国10位の漁獲量)、うに(4)(全国4位の漁獲量)

【県の魚】制定なし

【主な漁港】
石巻漁港、気仙沼漁港、女川漁港

宮城県気仙沼名物といえば、漁獲量も日本一のサメ!宮城県内では、スープ、饅頭、点心など、ふかひれを使った人気のお土産物も多いです。そして、気仙沼には、ふかひれもとい、サメについて知識を深めようという施設があります。それが「気仙沼 海の市シャークミュージアム」。最近、リニューアルされたことで話題になった日本で唯一のサメの博物館です。サメの生態だけでなく、気仙沼の人々が育んできた海との絆を学ぶことができます。また、海の市コーナーでは、地元有名店の土産物品、鮮魚、水産加工品やグルメを味わうこともできます。

各地で獲れる魚種、漁獲量は「農林水産省 大海区都道府県振興局別魚種別漁獲量(平成26年概数値)」から引用

出典: www.maff.go.jp

関連するタグ

各都道府県のけんみん性を見る

北海道・東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

関連するおすすめランキング記事

けんみん(ken-min.jp)では、都道府県を中心としたランキングを掲載しています。 国土・気象などのお堅いランキングから、年収・健康・スポーツ・娯楽といった身の回りの面白そうなものまで、 全国のありとあらゆるモノをランキング化し解析していきます。あなたの知らない面白ランキングが見つかるかも!? けんみんではそれ以外にも、各都道府県に関する県民性についても言及していきます。

COPYRIGHT(C) ken-min.jp 2015-2017