佐賀県の方言について。佐賀県の様々な県民性、佐賀県の面白ランキングを紹介します。

けんみん

 

 

佐賀県の方言

佐賀県で話される方言は、佐賀弁と言われています。
肥前、肥後、筑前、筑後の方言は合わせて肥筑方言と言われており、佐賀弁は、肥筑方言の一つとされています。
肥筑方言と同様の特徴として、語尾に「~ばい」、「~たい」をつけたり、逆接の表現となる場合に、「~ばってん」を用いたりすることがあります。佐賀弁は、以前存在した藩により、地域の方言の特徴が3つに分類されると言われています。
その3地域は、旧佐賀藩の存在した南部(佐賀地域)、旧唐津藩の存在した北部(唐津市、伊万里市など)、旧対馬藩の東部(田代地区・鳥栖市北部など)です。これらの地域により語尾等の言い回しが異なることがあり、「取る」を佐賀地域では、「とっ」(佐賀東部)や「とー」(佐賀西部)と発するのに対し、唐津や田代の地区では、このような変化は起こらないとされています。また、佐賀弁は、母音の融合が非常に強いとされており、「だいこん」を「じゃーこん」、「鯉」を「けー」、「すいか」を「しぃーか」などと発します。一般的に、発音の仕方などから、少し乱暴な話口調という印象をもたれることも多くあるようです。

佐賀の方言(例)
○ばってん:意味は、しかし、だけど。
○がばい:意味は、すごく、とても。島田洋七の「佐賀のがばいばあちゃん」という著作により、「がばい」という方言が全国的に広まりました。
○ちゃーがつか:意味は、恥ずかしい、耐え難い。
○やーらしか:意味は、可愛らしい、愛らしい。
○っちゅー、っかにゃー:意味は、~かなぁ?用例:今日晴るっちゅー?今日は晴るっかにゃー?意味は今日晴れるかなぁ?
○にゅー:意味は、寝よう。
○たびゅー:意味は、食べよう。
○しゅー:意味は、しよう。
○はらかいた:意味は、怒る。
○うんぎゃ:意味は、お前、お前が。
○ほんなこつ?:意味は、本当?
○うーか:意味は、多い。
○えすか:意味は、怖い。用例:えすか先生。意味は、怖い先生。
○おい:意味は、おれ。
○ぎゃーけ:意味は、病気。
○せからしか:意味は、しつこい。
○ちかっと:意味は、少し。

佐賀県の市区町村について詳しくみる

各都道府県のけんみん性を見る

北海道・東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

けんみん(ken-min.jp)では、都道府県を中心としたランキングを掲載しています。 国土・気象などのお堅いランキングから、年収・健康・スポーツ・娯楽といった身の回りの面白そうなものまで、 全国のありとあらゆるモノをランキング化し解析していきます。あなたの知らない面白ランキングが見つかるかも!? けんみんではそれ以外にも、各都道府県に関する県民性についても言及していきます。

COPYRIGHT(C) ken-min.jp 2015-2017