和歌山県の温泉について。和歌山県の様々な県民性、和歌山県の面白ランキングを紹介します。

けんみん

 

 

和歌山県の温泉

南紀白浜温泉(なんきしらはまおんせん)
白浜町にある、「日本書紀」や「万葉集」にも登場する日本三大古湯の一つで1300年の以上の歴史を持つ日本有数の温泉。大阪から2時間とアクセスもよく、周辺には大規模レジャー施設があり、様々な温泉宿が建ち並ぶ一方で、歴史ある時代の風景も垣間見ることができます。源泉により泉質も様々で、泉質はナトリウム炭酸水素塩塩化物泉、ナトリウム塩化物泉で、効能は切り傷、火傷、皮膚病、糖尿病などがあります。海岸に湧く7つの温泉「湯崎七湯」のうち「崎の湯」(無料・天然露天風呂)は日本最古の風呂と言われており、歴史ある「牟婁の湯」や塩分濃度の高いお湯が湧く「松の湯」など、昔ながらの温泉が多数残っています。共同浴場を巡る「外湯めぐり」や「湯めぐり」などで様々な泉質の温泉に入れるのも南紀白浜温泉の魅力の一つ。

勝浦温泉(かつうらおんせん)
那智勝浦町にある、勝浦港周辺や半島、島など至るとこに温泉があり、源泉ごとに泉質が異なる個性的な温泉地。大型ホテルが勝浦港を中心として点在しており、ほとんどの宿が自家源泉を持ち、周辺に浮かぶ島に建つものもあり、船に乗ってホテルへ行くことが出来ます。硫黄泉、硫化水素泉、単純泉、塩化物泉など源泉も様々で、リウマチ、胃腸病、貧血症、皮膚病など効能は幅広い。それぞれ趣向を凝らした露天風呂が揃っており、見渡す限り続く水平線を眺めながらの温泉は格別です。

加太温泉(かだおんせん)
和歌山市加太にある、「潟見の浦」と万葉の時代に詠まれた温泉地。炭酸水素塩泉で無色透明の温泉は、肌にしっとりとしており肌を柔らかく、美しく蘇らせてくれるので「美人の湯」としても人気があります。効能は、高血圧、内臓疾患、火傷、皮膚病、リウマチなど。温泉から望む、加太湾や沖合に浮かぶ無人島・友ヶ島に夕日が赤く染まる景観は息をのむ美しさ。また、海岸近くには雛流しや針供養で有名な淡嶋神社などもあり、春には潮干狩り、海水浴やマリンスポーツを楽しむ人たちで賑わいます。

みなべ温泉(みなべおんせん)
日高郡みなべ町にある、田辺南部白浜海岸県立自然公園内に建つ三方を海に囲まれた温泉地。二つの泉質が混合されており、炭酸水素塩泉は肌がツルツルになり、塩化物泉は湯上り後もポカポカが続き保温効果が高い贅沢なお湯。効能は、切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病など多岐にわたります。みなべ町は梅の生産高日本一として知られており「南部梅林」や「岩代大梅林」「千里梅林」と最大規模の梅林を擁しています。

和歌山県の市区町村について詳しくみる

各都道府県のけんみん性を見る

北海道・東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

けんみん(ken-min.jp)では、都道府県を中心としたランキングを掲載しています。 国土・気象などのお堅いランキングから、年収・健康・スポーツ・娯楽といった身の回りの面白そうなものまで、 全国のありとあらゆるモノをランキング化し解析していきます。あなたの知らない面白ランキングが見つかるかも!? けんみんではそれ以外にも、各都道府県に関する県民性についても言及していきます。

COPYRIGHT(C) ken-min.jp 2015-2017