和歌山県の観光・世界遺産について。和歌山県の様々な県民性、和歌山県の面白ランキングを紹介します。

けんみん

 

 

和歌山県の観光・世界遺産

高野山(こうやさん)
高野町にある平安時代より弘法大師空海が修行の場として開いた日本仏教の聖地。人の手が入らない森と国内でも有数の霊地で有名で、熊野古道と共に世界遺産に登録されています。女人禁制が明治5年に解かれるまでは、女性の立ち入りが厳しく制限されていましたが、日常を忘れられる環境とパワースポットとして女性に人気が高く、最近では、現地での修行体験ツアーや、精進料理が食べれたり、おしゃれなカフェが出来たりと女子で訪れる光景も見られます。

那智の大滝(なちのおおたき)
那智勝浦町にある和歌山を代表とするスポットの一つで、深い原始林を割って落下する高さ133m、幅13m、深さ10mの大滝。銚子口の岩盤に三つの切れ目があり、三筋になって落下し始めることから別名「三筋の滝」とも呼ばれています。落差は日本一で、毎秒1t以上もの水量は凄まじい迫力で見るものを圧倒させます。紅葉の季節は特に美しく、遠くから見える三重の塔と滝の景色が相まって、それを目当てに遠方から多くの観光客が訪れます。

アドベンチャーワールド(アドベンチャーワールド)
白浜町にある動物園、水族館、遊園地を併せ持つテーマパークで和歌山観光の王道。中国国内以外で、双子のジャイアントパンダを両方とも育てることに成功した初めての施設としても全国的に有名です。園内には数々の施設があり、ジャイアントパンダの飼育展示、放し飼いになっている動物を専用車や列車型のケニア号に乗り見物できるサファリツアー、イルカ、クジラ、アシカショーなど、海と陸の動物、約1400頭が自然のままに生きる姿を間近に見ることが出来ます。特に「人間と動物と自然とのふれあい」をテーマにしており、イルカやペンギン、インコやカワウソなど普段触る機会のない動物との触れ合いは魅力的で、ジェットコースターや大観覧車のある遊園地もあり、季節問わず休日はファミリーで賑わっています。

千畳敷(せんじょうじき)
白浜町にある、広い岩畳のような自然の造形美が素晴らしい大岩盤。スロープ状になって突きだした白く柔らかい岩は、第三紀層の砂岩からなる大岩盤で、荒波に浸食され岩畳のような景観を作り出しています。国の名勝に指定されており、同じ白浜町にあるアドベンチャーワールドや円月島とともに訪れるのが定番になっています。

三段壁(さんだんべき)
白浜町にある長さ2Km、高さ約60mの大岩壁で断崖絶壁の名勝として有名です。断崖には展望台があり、南紀の絶景を一望することが出来ます。また、エレベーターで降りると地下洞窟内部を見たり、押し寄せてくる波の迫力を感じることが出来ます。

円月島(えんげつとう)
白浜町にある南北130m、東西35m、高さ25mの小島で白浜の人気スポット。正式には「高嶋」と呼ばれますが、島の中央に海蝕による円月形の穴が開いていることから「円月島」と呼ばれ地元や観光客に親しまれています。特に、夕景の名所としても知られており、円月形の穴に夕日が重なった瞬間の夕景の美しさは格別です。

和歌山県の市区町村について詳しくみる

各都道府県のけんみん性を見る

北海道・東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

けんみん(ken-min.jp)では、都道府県を中心としたランキングを掲載しています。 国土・気象などのお堅いランキングから、年収・健康・スポーツ・娯楽といった身の回りの面白そうなものまで、 全国のありとあらゆるモノをランキング化し解析していきます。あなたの知らない面白ランキングが見つかるかも!? けんみんではそれ以外にも、各都道府県に関する県民性についても言及していきます。

COPYRIGHT(C) ken-min.jp 2015-2017